下記以外の病気及び詳細はこちら 病気検索データベース で検索できます。

アレルギーの症状
掻く

しきりに体を掻くのはノミや食べ物によるアレルギー・乾燥肌・寄生虫・免疫力が落ちているなどが考えられます。

脱毛

アレルギー・ストレス・ビタミンB欠乏症・ビタミンA欠乏症・日光過敏症などが考えられます。

呼吸器の症状
呼吸の異常・咳

猫の呼吸は1分間に20〜30が正常です。けが・交通事故による内臓破裂・骨折・心臓の病気・肥満・フィラリア症・貧血などが考えられます。すぐに獣医さんに診てもらいましょう。咳は加齢の猫やほこりによる場合もあります。

心臓の症状
体温が低い

猫の体温が低いのはけが・寒さ・尿毒症・ショック状態・心臓病などが考えられます。生まれたばかりの子猫が衰弱しているときも体温が低くなります。

腎臓の症状
水をたくさん飲む

糖尿病・慢性腎不全・腎臓の腫瘍・すい臓の病気・乳ガンなどが考えられます。逆にあまり水を飲まないと、尿路結石の原因になります。

骨の症状
歩き方の異常

歩き方の異常…けが・骨折・脳や神経の異常・肉球の皮膚炎・脱臼・ビタミンB欠乏症・ビタミンA欠乏症、過剰症などが考えられます。

神経の症状
痙攣(けいれん)

人間だけでなく、寒いときや不安なときに震えますが、けが・脳や神経の病気・てんかん・脳炎・腎臓や肝臓の病気・尿毒症などが考えられます。

消化器の症状
嘔吐

猫が吐くのは、体の中に入った毛を吐き出すほか、食べすぎ・寄生虫・異物を飲み込んだとき・消化器、肝臓、すい臓の病気・糖尿病・リンパ腫などでも表れます。

下痢

消化器や肝臓、すい臓の病気・食べ物のアレルギー・伝染性腸炎・子猫衰弱症候群などが考えられます。

目の症状
目のけが・異常 猫の目の症状は、目やにが多くなったり、眼球が白くなったりとすぐに気がつきます。けんかによるけが・結膜炎・角膜炎・緑内障・網膜萎縮などがあります。
口の症状
よだれ・泡を吹く

暑い季節になると呼吸が速くなったり、よだれが出ることがあります。猫は口の病気が多く、歯周病・口内炎・異物を飲み込んだとき・脳や神経の病気・てんかんなどいろいろ考えられます。

耳の症状
頭を強くふる

頭を強くふるのは、耳に手が届かないとき、耳に異物が入っているときなどに表れます。考えられるのは、耳のけが・外耳炎・中耳炎、ほかにも栄養失調・中毒・脳や神経の病気も考えられます。

その他の症状
元気がない

猫の元気がないのは、けんかによるものや怒られたとき、眠れないなどの精神的なもののほか、アレルギー・骨折・尿路結石などいろんな原因が考えられます。ちなみに、3歳を過ぎてくると年齢的に落ち着いてくると言われています。

尿の異常

下部尿路症候群・尿毒症・溶血症・ぼうこうの腫瘍・たまねぎ中毒などが考えられます。

便秘

便秘・大腸炎・腸閉塞・毛球症・回虫症などが考えられます。

出血する

出血にはいろんな原因が考えられます。けが・ガン・肛門や生殖器の病気など、どこから出血しているのかで推測します。

涙・鼻水・くしゃみ

風邪(ウイルス性呼吸器感染症)・クリプトコッカス症・感染症・鼻炎・鼻に異物があるとき・流涙症などが考えられます。

痩せる

猫が痩せるのは、夏バテや加齢のほかに、口内炎・栄養失調・ビタミンA過剰症・猫伝染性腹膜炎・ストレス・腎臓の病気などが考えられます。

熱がある

猫の平熱は38℃5分くらいです。猫の肛門に体温計を差し込んで測ります。風邪(ウイルス性呼吸器感染症)・猫伝染性腹膜炎・寄生虫・免疫力の低下など、熱を出して体を正常に戻そうとするときに表れます。

トップページはこちらから